検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンタ
PR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
韓国のスープ
tige.jpg

韓国でポピュラーなスープメニューの「チゲ」「グッ」「タン」「チョンゴル」について。

チゲ
韓国の言葉でグッよりスープが濃く、肉、海鮮、野菜などの材料を入れて煮立たせた濃厚スープ。味は辛いものが多い。野菜、豆腐、魚貝類、お肉類、キムチなどをいっぺんにいれて煮るのが特徴の、家庭的な料理。種類は味噌味、塩辛味、コチュジャン味、すまし風など数多い。食堂では1人分の器に盛られて出て来るお昼ご飯の定番メニュー。またチゲ専門店やプデチゲ専門店に数人で行くと、大きな鍋でぐつぐつ煮ながらみんなで食べることもあり。

キムチチゲ、テンジャンチゲ、スンドゥブチゲ、プデチゲ(部隊チゲ)などがあります。

グッ
昔から使われた韓国語でクンムル(スープ(具以外の))の短縮形。薬味程度に野菜や海藻などが入っているものが多く、日本でいうつゆ、お吸いものみたいなもの。味付けは醤油、塩、あるいは味噌、唐辛子味噌などあっさりしたスープが多い。鍋に一度にたくさん作り、1人ずつよそうスタイル。食堂で注文して食べられるものは少なく、だいたい定食用のサービススープとして出て来ることが多い。有名な酔い覚ましのへジャングッは、グッの中では珍しく単独メニューで注文できるスープ。

コンナムルグッ(豆もやしのスープ)、ミヨックッ(ワカメスープ)、テンジャングッ(味噌汁)などがあります。

タン
漢字で書くと「湯」となる漢字語。肉や骨を長時間煮出したスープをベースに、その中に肉や野菜などの材料を入れて軽く煮て食べる、半透明、白濁スープものと、肉、野菜、魚などをたっぷり入れた辛いスープものがある。肉や骨を長時間煮た白濁スープものは1人分だけ作って1人分の器に盛るが、野菜や肉、魚などの材料がたくさん入った辛いスープものは、大きな鍋で煮てみんなで一緒に食べる場合が多い。

サムゲタン、ソルロンタン、コムタン、タットリタン、カムジャタン、ヘムルメウンタンなどがあります。

チョンゴル(ジョンゴル)
材料を別に準備しておいて、調理しながら食べる鍋。金属製の鍋に材料を入れながら食べる、宮廷料理の“神仙炉”という鍋に代表されるように、大きな鍋に彩りよく具が並べられることが多いので、チゲよりもボリューム感があって豪華。日本でいうところの“鍋”のイメージに近いといえます。
スポンサーサイト


2008.11.10 Mon | スープ | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

食サイト
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ランキング
QRコード
QRコード
PR


検索レンタルサーバー自動車 中古車懸賞賃貸 不動産 引越し保険求人情報品川近視クリニックのイントラレーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。