検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンタ
PR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
カレーの語源
priya_chicken.jpg

カレーの語源については諸説があり、どの説が正しいのかは定かではありません。又、名付け親についても、16世紀から17世紀にインドの西海岸のゴアやコーチンにやってきたポルトガル人やオランダ人がカレーという言葉を既に使っていたことから、イギリス人でなくポルトガル人またはオランダ人とする説もあって、カレーの起源については各人各様の説が錯綜し、混乱しているようです。

その中から幾つかの説を整理して紹介します。

【タミール語起源説】
南インドで使われているタミール語の“カリ=Kari”という言葉に由来するという説です。しかし、このカリが、ごはんにかけるタレ状のもの、つまり「ソース」を意味するという人もあれば、野菜や肉などの「具」のことであると主張する人もあり、これも決め手がないようです。

【ヒンズー語起源説】
ヒンズー語で「香り高いもの」「おいしいもの」という意味で使われる「ターカリー=Turcarri」がターリ(Turri)に転じ、英名でCurryになったとする説です。

【料理名説】
古い北部インドの料理名である「カディ=Kady」が変じてカレーになったという説です。

【釈迦説】
「青年時代の釈迦が山にこもって修業したとき、木の根や草の実を食べて飢えをしのいだ後、カレという地に下山し、そこで教えを説いたといわれ、その時首にかけた袋の中から有用なたくさんの木の実(スパイス)を取り出して民衆に与えた。民衆は釈迦の教えに感服するとともに、香り高く、諸病を直し、活力の源となるこれらのスパイスを料理や薬用として使うようになり、そのスパイスを土地の名にちなんでカレーと名付けた。」とする説がこれです。またその時、民衆が叫んだ“おいしい”という意味の「クーリー、クーリー」に由来するという説まであります。さらに、この「クーリー、クーリー」と民衆が叫んだのは、インド独特のスパイス料理を見た、宗主国イギリスの役人が「どんな味なのか」と問いかけたのに対する答えだったとする説もあり、ここまでくると迷説・珍説の類と考えた方が適当かと思われます。 以上の通り、真相ははっきりしないものの、インドを中心とする東洋の熱帯・亜熱帯地方で食べられていたスパイシーな料理を、外来の西洋人たちによって総称してカレーと呼ばれるようになっていったものと思われます。
スポンサーサイト


2008.11.04 Tue | 未分類 | T:1 | C:2
コメント
カレー屋さんの所在地、TEL、営業時間等の紹介
2008-11-15 土 11:20:09 | URL | 7netshop #- [ 編集]

コメントありがとうございます
2009-02-18 水 20:40:17 | URL | 010 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

住所: 東京都渋谷区道玄坂2-16-8 ビジネスヴィップ道玄坂坂本ビルB1 [MAP] 電話: 03-3464-9778 交通アクセス: JR渋谷駅ハチ公口より徒歩5...
【2008-11-15 Sat 11:39:04】 | カレー屋さんち
食サイト
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ランキング
QRコード
QRコード
PR


検索レンタルサーバー自動車 中古車懸賞賃貸 不動産 引越し保険求人情報品川近視クリニックのイントラレーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。