検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンタ
PR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
アンデスポテト

andesu.gif

じゃがいもの故郷
現在南米には、学名レベルで約30以上、品種レベルでは約500種以上ものジャガイモの品種が確認されております。日本でおなじみのジャガイモは、今から約500年前、西洋人が南米大陸に下り立ち、野菜、唐辛子と共に持ち帰り、そこから世界中に広まったものです。しかし、ヨーロッパ経由で世界に広まったジャガイモは、体細胞染色体の数が多い、いわゆる大粒で、多収穫、味の薄い品種でした。現在では、この種が世界中の食卓に上がる、欠かせない食材となりました。しかし、南米には、これらジャガイモの先祖や親戚にあたる品種が、たくさん存在し、その中の一つが、南米のアンデス地方で生まれたアンデスポテトになります。このポテトは、南米のアンデス地方でとれるジャガイモの原種とも言われています。

アンデスポテトとは?
アンデスポテトは、アンデス地方でしか採れない、ピンポン玉サイズのかわいいポテトです。この種類は、普段私達が口にする通常のジャガイモと、体細胞 染色体の数が全く異なります。そのため、大きさもピンポン玉くらいで、収穫量も少ないのですが、味が濃厚で、中身は濃い黄色です。皮は薄く柔らかいので 皮付きのまま食べられます。皮が柔らかく傷つきやすいので、収穫は一房ごとすべて手作業で行われます。手間がかかる割には、収穫量が非常に少ないので、 アンデス地方でも普通のジャガイモより高い値段で売られています。

栄養成分
アンデスポテトは、栄養的にも優れた面を持っています。他のジャガイモに比べて糖分が少なく、畑のリンゴと言われる程、ビタミンB1,B6, Cが豊富です。ポテトのビタミンCは、加熱しても失われにくく、芋類の中では珍しくアルカリ性食品で、カリウムや鉄分も豊富です。

冷凍アンデスポテト(S,M,L)
一度過熱処理をした芋をIQFにかけていますので、調理時間を短縮できます。 凍ったまま調理できるので、手軽にスープ、フライドポテト、付け合わせなど幅広く応用できます。また、皮を剥く必要もありませんし、形もピンポン球 位の大きさなので、包丁を使うことなくそのまま使えます。



調理方法
冷凍のまま、油で数分揚げるだけ。
皮を剥く必要はありません。
スープに入れる場合は、冷凍のまま煮込みます。
(コロンビアの代表的なスープ、アヒヤコに必ず使用します。)
チキンベースのスープで、普通の芋、アンデスポテト、とうもろこし、を煮込んで作ります。



スポンサーサイト
2008.09.07 Sun | 冷凍野菜(加熱済) | T:0 | C:0
食サイト
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
ランキング
QRコード
QRコード
PR


検索レンタルサーバー自動車 中古車懸賞賃貸 不動産 引越し保険求人情報品川近視クリニックのイントラレーシック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。